2014年11月29日土曜日

豊後大野練(2014/11/29)

IMG_0353

今日はこーへーさん、YuFukuさんと3人で練習。
全員が良いペースで前を牽いたので、思っていた以上に強度のある練習となった。
コースは僕のチョイスで、久しぶりに豊後大野から豊後清川に抜け、農道などを通って犬飼まで戻ってくるコースを走った。
ここは車が少ない上に、景色も良く、程よいアップダウンもあっていつ走っても楽しい。

今日を含めて今月は600km走れた影響か、だいぶ自分の思ったような走りができるようになってきた。
来月も大崩れはしないように、最低限の距離は走るようにしよう。

2014年11月25日火曜日

大分サイクルエンデューロ!!4時間(2014/11/24)

DSC_8834
短時間だけど先頭集団に食らいつく(撮影:相方)

今年、ならびに大分での最後のレースとなる大分サイクルエンデューロに参加してきた。
今回はnm7 Racingとしての出走ではなかったので、ジャージはイベント初となるETTジャージにしてみた。
何だろう、このジャージを着ると少しでも速く走らないといけない気がするぞ…(ゴゴゴ

2014年11月23日日曜日

レース前の調整は銭瓶で(2014/11/23)

IMG_0346

明日は大分での最後のレースになるであろう、大分サイクルエンデューロ(4時間)がある。
去年はソロで出走したレースだが、今年は乗れていない時期が多く、順位どうこうよりもソロで無事に走りきれる自信がなかったので、大学の先輩とチームを組んで出場することにした。

今日はその先輩と銭瓶で調整をしてきた。
先日風邪を引いてしまった関係で少し辛そうだが、頂上に向かって淡々と上られていた。

明日の天気はどうやら好転しそうだし、明日は最後まで怪我なく、楽しく、そして少しでも良い順位で完走できるように頑張ろうと思う。

2014年11月21日金曜日

野津原練(2014/11/21)

IMG_0343

今日の練習は豊後大野方面へ。
走り出した時は豊後大野から豊後清川に抜けて帰るつもりだったのだが、豊後大野の道の駅で休憩してる時にふと野津原方面に目が向き、野津原少年自然の家まで上ることにした。

5.2km/435mのクライムコースは時折休める場所もあるが、斜度が優に10%を超えるような場所もたくさんあり、終盤にさしかかる頃には呼吸が乱れ、惰性で上っていた。
ここは去年の全日本ロードでも使われた道で、あの時プロが淡々と上っていた姿を思い出すと、あそこまでは無理でももう少し軽やかに上りたいと思った。

今日からスポンサー(@相方)から提供される手作りシリアルバーを補給食にしてみた。
走りながらでも食べれるサイズと固さにしてもらえたのはありがたい。
フルフィンガーグローブでラップをめくるのは少し難しかったので、今度は小さなジップロックみたいな袋に入れてみても良いかな。

2014年11月15日土曜日

冬装備始めました(APUライド)

IMG_0325
今日のライドは7時出発で途中までこーへーさんと。
一昨日から大分でも冷え込みが厳しくなり、今シーズン初の冬装備を着てスタート。
走り出しでも十分な防寒性能を感じられ、帰ってくる頃には少し暑いとすら感じられた。
IMG_0328
こーへーさんと別府で別れた後はAPUまでヒルクライム。
寒いし相変わらず息は上がりがちだけど、少しずつ上りの感覚を取り戻せてきてるような気がした。

2014年11月13日木曜日

吹き荒れる日

IMG_0319

4耐が近づいてきてることもあって昼からプチ練へ。
銭瓶峠を目指すが、北西寄りの風が容赦なく吹き付け、平坦路を走ってるはずなのに上りのようなきつさ…。
たまらずフロントをインナーに落としてクルクルと回す。

銭瓶自体は2回上って終了。
ペース的にはまだまだ遅いが、4耐の上りでタレるのが一番の懸念材料なので、少しでも上りに耐性を付けるためにも定期的に上りに来よう。

2014年11月11日火曜日

湯布院・日田へ(2014/11/08)

DSC_0295
レンタカーを借りて、助手席に恋人さんを乗せて湯布院と日田に行ってきた。
天気は良いとは言えないが、日中は大きく崩れることもなさそう。
DSC_0298
DSC_0311
今回は恋人さんにKiss X4を貸し出したので、僕は大学等で使用しているD90で撮影を行った。
普段は研究用の写真しか撮っていないが、久しぶりにNikonで風景を切り取るのは楽しくて、気付くといつもより多くシャッターを切っていた。
DSC_0345
スヌーピーが狙われています。
DSC_0357
休日ということもあって湯布院は人だらけ。
DSC_0394
日田に移動して千年あかりというイベントに参加した。
16時半頃から竹灯篭の中にロウソクが灯り、辺りが暗くなり始めると一気に幻想的な雰囲気に。
DSC_0403
竹灯篭から覗く光は優しくて癒やされる。
DSC_0425
最近写真から離れ気味な生活を送っていたが、久しぶりに写真欲が満たされた1日となった。

ぶらりと三田へ

ぶらりと三田に行ってきました。