2013年12月31日火曜日

写真で振り返る2013年

早いもので2013年もあと3時間を切った。
せっかくなので、写真などで2013年が私にとってどんな年だったか振り返ってみよう。

2013年12月30日月曜日

鷹来屋 特別純米酒

鷹来屋 特別純米酒

実家へのお土産として、今回鷹来屋の日本酒を携えた。
先日大学関係のイベントで教授が差し入れとして用意してくれたのだが、そこで初めて飲んでみてとても気に入った。
少し甘みがある風味で、クセもなく飲みやすい感じだ。

アルコールに弱い私ではあるが、気に入ったお酒を少量楽しむのは悪くないね。


2013年12月26日木曜日

やはり地元は落ち着くもので


地元に戻るために授業終了後に鉄道による帰省を開始。
在来線の特急と新幹線を乗り継ぎ、22時過ぎには実家に帰宅した。

外気温は大分のほうが暖かいが、家の中は薪ストーブと厚い断熱材によりとても快適な環境が待っていた。
しばらくは地元で羽根を伸ばすとしよう。



帰省2日目は所用で大阪へ。
思ったほどの収穫はなかったが、久しぶりに大阪を歩けて気分転換にはなったかな。



2013年12月23日月曜日

師も走る月の街


実家に持って帰る買い物をするためにロードに乗って街へ。

大分に来てあと数ヶ月で3年が経とうとしているが、普段街で買い物をすることがないため、案外街の中のことは知らなかったりする。
田舎の県道などは大分出身の人間よりも詳しかったりするのに、ちょっとおかしい話だよな、と考えを巡らせたり。

そろそろ年末を迎えようとしているせいか、道ですれ違う人はどこか急いでいるようにも見えた。



夜はsyouと一骨家へ。
美味しいラーメンをすすりながら、互いの近況報告などで盛り上がった。

2013年12月22日日曜日

天神丸福にとり天定食を食べに行ってきた(2013.12.22)

今日は久しぶりに用事もないし、天気も安定している日曜日。
せっかくの休みなのだから走らなきゃ!ということで、輝輪のJOYさん、Nanさんと竹田までサイクリングをすることに。

一通りの準備を済ませ、自転車を外に出そうと思ったら、前輪がぺっちゃんこなことに気が付いた。
どうやら昨日タイヤと一緒に交換したチューブが経年劣化していたらしく、スローパンク状態になっていたみたいだ。
急げば集合時間に間に合うように出発できる時間だったので、そそくさとチューブを交換する。

ふぅ…、何とも幸先の悪いスタートだ。




2013年12月21日土曜日

毎年恒例というか何というか



こーへーさんに誘われて、22時過ぎからパークプレイスへ。
この時期のパークプレイスはイルミネーションが行われており、去年も知人に誘われて撮影に出かけている。

イルミネーション自体は去年とそう大差はなかったが、大分市内ではかなり綺麗な方だと思うし、撮影をしながらこの時期独特の華やかな光に癒やされた。

2013年12月14日土曜日

風の強い日は山に上ろう


午後から3時間ほど時間を作ることができたので、そそくさと自転車に跨る。
特に行くアテはなかったのだが、外は西寄りの強風が吹いていたので、さっさと山に篭もることに決めた。
風の強い日こそ山を走るのが楽なのだ。

予想通りというかなんというか、登坂区間に入るまでの平地区間はすさまじい向かい風で前に進むに必死だったのだが、山に入ればその風は勢いをひそめ、精神的にかなり楽になる。
平坦路より上りの方が楽というのも変な話ではあるが、こういう時は自身の脚質がクライマーに近いもので良かったと思うよ。

往路が風に苦しめられた代わりに、復路は強力な追い風に乗ってさくっと帰宅。


そうそう、昨日届いたウインタージャケットを着て走ってみたのだが、これは冬場の強力な味方になってくれそうだ。
今日は冬用のインナーウェアの上にこのジャケットを着て走ったが、全然寒くなかったし、もう少しだけ着るものを増やせばさらに寒い状況下にも対応できそうだね。

2013年12月11日水曜日

nm7 Racing ウインタージャケット


私が代表を務めるnm7 Racingの冬用のチームウェアが完成した。
製作を担当していただいたのはお馴染みのチャンピオンシステム様。

到着して、まずは私用のジャケットに袖を通してみる。
予想通りの全体的にタイトなフィット感で、これなら風によるバタつきも少なそうだ。
首周りは少し窮屈に感じるような気もするが、おそらく慣れればどうということもないだろう。



左からウインドベストに半袖ジャージ、ウインタージャケット。
アイテムが増えるとチームらしさが増してちょっと嬉しかったり。
大分なら長者原などに行かなければ、この装備で真冬でも問題なく走れるだろう。

大分サイクルエンデューロ以降ほとんど自転車に乗れていないのだが、新しいウェアも届いたことだし、この週末こそは100kmぐらい走りたいね。



先週末は諸用でカメラマンとして活動。
標高700mの世界は数歩先の季節だった。


2013年12月3日火曜日

忘れられた刻

忘れられた刻
               Canon EOS Kiss X4 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

2013年12月2日月曜日

2013年11月30日土曜日

2013年11月29日金曜日

秋の衣装

秋の衣装

ボクだって、たまには着飾りたくなるんですヨ(頭だけだけど


秋の衣装2


これからしばらく秋物の写真が続く予定。

2013年11月26日火曜日

ボトルケージ台座増設(ELITE VIP bottlecage clips)


以前R.T.CARBONについての紹介を行った際にも少し触れたが、私が所有している2007年モデルのR.T.CARBONにはボトルケージ台座がダウンチューブ側の1つしかない。
この時期に走るのであればボトルは1本で事足りることも多いが、夏場だとそうはいかないし、ボトルが1本で良い時期になると、携帯工具などをサドルバッグではなくツール缶に入れたい私としては、やはりボトルケージは2つ欲しい。

無いとなれば、後付けで作るしかないね…!


2013年11月25日月曜日

大分サイクルエンデューロ

定刻通りにスタート(Photo )

大分サイクルエンデューロ(4時間)にnm7 Racingとして出場してきた。
このレースはソロ部門とチーム部門があるのだが、今回はソロ部門にチャレンジ!

以下で時間別にダイジェスト的な感じでレースを振り返ってみようと思う。

2013年11月22日金曜日

赤く燃え上がる

IMG_0064

紅葉はいつも結局は逆光条件下で撮ってしまうんだよね。

たまには雨の日の紅葉も撮ってみたいな。

2013年11月20日水曜日

湯布院ラーメンサイクリング(2013.11.20)

IMG_0278

ちょうどこーへーさんの休みが水曜になっていたため、2人で湯布院に行くことにした。

紅葉の具合を確かめるのと同時に、今日はとあるラーメンが目的なんだ。

2013年11月18日月曜日

ツケが回ってきた

IMG_0267

R.T.CARBONでヒルクライムに行ってきた。
行き先はいつもの銭瓶峠(世界基準で見ると3級山岳らしい)

一応タイム計測を行いつつスタート。


おかしい。
全然ペースが上がらない。
先月末にRCS6で上った時に比べて機材が新しくなり、重量もわずかに軽くなったはずなのに、走りはあの時より重たい。

というのも当たり前で、今月の初めに博多に行って以来ろくに走ってなかったんだよね。
体って本当に正直だよね…

あと、新しく導入したクランクは、もう少し乗り込んで慣れるまでは少し使いにくいかも。
銭瓶峠ぐらいなら36×23tで平然と駆け上がれるようにならないとな。

タイムは13分40秒と、前回より38秒遅い完敗な結果だった。
こんなんで週末の4耐は大丈夫なのだろうか(絶対大丈夫じゃない)

色々と遅すぎる気しかしないが、今週は週末に向けてコンディションを調整しながら走ろう。

IMG_0271
(初めてS110のHDR機能を使ってみた。場合によっては使えるかもしれない。)

2013年11月17日日曜日

2013年11月16日土曜日

新しい翼

IMG_0264

汝は優しさと力強さを兼ね備えた翼である。



突然ではあるが、私のロードが新しくなった。


2013年11月12日火曜日

寄り道で見た青い空

IMG_0250

時間があるのなら、寄り道したって良いじゃない。


学校に行く途中でちょっと寄り道。
学校を通りすぎて、山の中に入るのを寄り道と言って良いのかもちょっと怪しいが、少し重めのギアでダンシングで坂道を駆け上がる。

昨日に続いて今日も風は冷たいが、澄み切った青い空が広がっている。
青い空は私の写欲を引き出すのか、気付いたらバッグに忍ばせていたS110を取り出していた。


IMG_0252
こっちもS110で撮影。
マクロも案外悪くない気がする。

2013年11月11日月曜日

冬がやってきた日

IMG_0248

ニュースなどで今日から寒くなるとは言っていたが、いざ起きて外に出ると風のあまりの冷たさに驚いた。
こりゃダメだということで、クローゼットからコロンビアのジャケットを引っ張り出す。
まだしばらくは着なくて良いかなと思っていたのだけど、意外と冬がやってくるのは早そうだね。






昨日放送していた情熱大陸(新城幸也)はきっちりと視聴。
新城選手って本当に自転車が好きなんだな、と思い、彼が走っている姿を見ていると、夜中なのにこっちまで走りたくなった。
でも、結局寒さに負けたわけですが…(:3[__]

2013年11月10日日曜日

GIANT RWS ROAD

IMG_9966
お洒落は足元から。


いや、お洒落云々ではないのだが、GIANTが出しているRWS ROADなるスキュアーを買ってみた。
「あれ、これどこかで…」と思う人もいると思うが、要はDT SWISSが出しているRWSのGIANT版といったところだ。

ANCHORのロードにGIANTのパーツだなんて!と思う人なら敬遠してしまうかもしれないが、元よりあんまり気にしないタイプだし、この青色がすごく好みだったのでほぼ即決だった。
あと安い!
通常のRWSだと前後で10500円なわけだが、これだと6300円なのは嬉しい。

実はこれを買うことを決めたのにはちょっとした経緯がある。
今まで使っていたTIOGAのクイックがどうにも怪しく、何か新しいものを買おうかと考えていたら、岡山のあずにゃんエリート氏に「DT SWISSのRWSがいいよ!」と勧められたのだ。

ふむふむ…スキュアーでバイクの剛性が上がる…だと?
彼が言うのなら基本的に間違いはないのだろうが、鈍感な僕にどこまで分かるのか疑問だし、あと高いよこれ…(;・∀・)
そういう訳で渋っていたのだが、先日博多に行った時にしゃなたんから「GIANTが同じの出してるよ。しかも安い。」という話をGIANTのサイトを見ながら説明されて、思わずショップに連絡を入れてしまったのだ。

IMG_9974

早速取り付けて、家の周りを1km程度走ってみた。
取り付け方法は少し特殊だが、慣れればどうということはないな。

結論からいえば、全体の剛性は感覚的には間違いなく上がった。
一番分かりやすいのは、平坦でハンドルにぐっと力を込めた時の反応かな。
今までに比べて、明らかに硬いものになった。
また、上りのダンシングでバイクを少し大きめに振った時の反応も良くなった感じだ。
C24は横剛性が低めで、大きくバイクを振ると力が上手く伝わらない感覚があったのだが、これで多少の改善が見込めるかもしれない。

エリート氏曰く、コーナリングでの感覚も良くなるらしいので、これは近いうちに峠に行ってその感覚を確かめてみたいね。

2013年11月6日水曜日

迷子

IMG_9942


ここはドコ…?


IMG_0240


カメラとダンボーをもって小さな森の中に入ってみた。
靴で踏みしめる落ち葉の乾いた音、木から落ちる葉の音、近くを流れる水の音。
何もかもが気持ちの良い音だ。


これで蚊の餌食にならなければ最高だったんだけどな…(当方蚊に噛まれやすい体質)

2013年11月5日火曜日

2013年11月3日日曜日

走れ!博多ラーメンサイクリング(2013.11.02)

ラーメン、それは…

久しぶりに本場の博多ラーメンが食べたくなったので、自転車で博多まで行くことにした。
5時過ぎに起床し、7時過ぎに出発。
天気は、曇り…(^^;)


2013年10月31日木曜日

そして旅に出たくなる(ろんぐらいだぁす!2)



少し出遅れた感じはあったが、ろんぐらいだぁす!の2巻を購入した。

主人公の亜美がどんどん自転車にのめり込んでいる姿を見ていると、自分もこうやって自転車にハマっていったのかな、とつい思ってしまった。
今でこそロングがどうだの、レースがどうだのと言っているが、クロスバイクでスポーツ自転車を始めた頃は、隣町に行くだけで冒険だったし、初めてロードを買った時はその走りの軽さに驚いたんだよね。

多分誰もが一度は通る道なのだが、ある程度乗る年数が長くなってくると、こういう気持ちも徐々に薄れていくもんだなと思った。





ガチな人に見られたら何だか申し訳ないのですが、週末は久しぶりに150kmオーバーのライドに行ってきます。
べ、別にろんぐらいだぁす!に感化されたとかじゃないんだからね(;・∀・)


2013年10月30日水曜日

豊後大野を駆け抜ける



こーへーさんと豊後大野方面をサイクリング。
まったり走ろうと称しつつも、気付けば28km/h台のアベレージで駆け抜けていた。
ま、いつものことだがね!


気温が10℃ほどでも、夏用の装備にウインドベストとニーウォーマーを追加して走ればそこまで苦にならない。
本格的に寒くなるまではこの装備で走れそうだ。



沈堕の滝にて

2013年10月28日月曜日

風にのって



風にのってどこまでも…



昨日のライドの疲れは残っていない感じだったので、10時前から2時間ほど走ってきた。
往路は起伏の少ない道で臼杵を目指し、復路はアップダウンが多い道を通って大分に戻ってくる55kmほどのコースだ。
復路はアップダウンのためにアベレージこそ落ちたが、上りをダンシングで駆け上がる感覚は悪くない。
来月末の4耐にソロでエントリーしたし、それまでにより良い状態の体を作らないとね。




夕方は随分と冷え込むようになった。
そろそろ冬物の服の用意もしなきゃな。

2013年10月27日日曜日

輝輪ライド(2013.10.27)


輝輪のチームライドに参加してきた。
輝輪のメンバーと個人的に走ることはあるが、こうやってチームで走る企画に参加するのは本当に久しぶりだ。
今日は輝輪のメンバー+その他の参加者で15名を超える大所帯となった。

大分川沿いをゆったりと走り、まずは銭瓶峠を超えることに。
エースのSEさんは集団に残り、先頭は新加入の高校生のスガ君と僕の2人となった。
彼と走るのはこれが初めてなのだが、とうこんさんたちから聞いていた通り速い。
何度かペースアップや小さなアタックをかけてみたが、しっかり反応してくる。
結局終盤まで抜きつ抜かれつで一緒に走っていた。

終盤にスガ君がアタックをかけようとしていたので、これは少し足を使って防いだ。
ここで差がついたらまず勝てないからね。
これで上手くいったようで、頂上前の斜度が上がる部分で少し差がついて先頭でゴールした。
一応クライマーもどきとしての意地は見せれたかな(;・∀・)



スガ君のバイクはラピエールのゼリウス400。
数年前のモデルとはいえ、旗艦モデルに乗ってるってすげえよ:(;゙゚'ω゚'):
話を聞くと、状態の良い物を格安で買えたのだとか。羨ましい。
高校生とかまだまだ伸び代だらけだと思うし、彼を支えているバイクもとても良いものなので、これからの彼の成長に期待だ。


後続が続々と到着



朝見神社で少し休憩


別府に下った後は日出のジョルノスを目指す。
目的地の場所を分かっている人も複数いたので、気付けばいくつかの集団に分かれていた。



各自好きなパンを買って、店の前で食べることに。
いやー、ここに来ると毎回クリームパンを食べてるけど、安定の美味しさですわ(*´ω`*)
今日はトーストサンドみたいなパンも食べたが、そちらも(゚д゚)ウマーだった。


帰りもいくつかの集団で走行。
先頭集団での高速走行+ローテは楽しいね!

そんな感じで今日のライドは終了。
予定ほど距離は稼がなかったが、久しぶりにチームの皆さんと走ることができ、充実したライドだった。

2013年10月26日土曜日

台風一過の1日


「ジャージ、走って取りに行きますね。」
そうおっしゃったのは福岡在住のちはやさんだった。
ロングを走りたかったとはいえ、まさか福岡から完全自走で来られるとは思わず驚いた。

待ち合わせに指定していた今日は、通り過ぎていった台風の影響で強風が吹き荒れる。
この風向きなら往路は楽でも復路が…、と思っていたら、案の定往路は追い風に乗ってなかなか良いペースで走れたとか。

ほぼ予定の時間で合流でき、その後は僕の用事で行きつけのショップへ。
先日自分でパーツを交換したRCS6だが、今日初めて走ったところ、どうもFDの動きが重たいんだよね。
というわけでその旨をショップで相談したら、ものの数分で原因が解決し、軽く動いてくれるようになった。
当然といえば当然なのかもしれないが、やっぱりプロの仕事は凄いなと改めて思った。

ショップを出た後は途中までちはやさんを牽引してから帰宅した。
明日も天気は良さそうだし、ちょっとは距離を稼ごうかな。

2013年10月24日木曜日

NEW STYLE



自転車のパーツ交換に必要な物がひと通り揃ったため、各パーツの交換を行った。




STI、FD、RDは105(5700)からアルテグラ(6700)へ。
FDに関しては、シマノのSM-AD15という直付バンドユニットを使用して取り付けた。



ブレーキは105(5700)からアルテグラ(6800)へ。


バーテープは初めて使用するバイクリボンのプロフェッショナルバーテープに。
いつも使っていたDedaのものと比べて薄く、表面にざらつきがある。


しばらくは雨が続くため、試走は週末に持ち越しとなるが、早く乗ってそれぞれの感触を確かめたくてうずうずしている。


また、今回はパーツの交換に伴い、ヘッドパーツとBB周辺の掃除とグリスアップを行った。
こういう機会じゃないとなかなか掃除できないしね。
ヘッドパーツは個人的に敷居が高いな、と思っていたのだが、知り合いから「意外と簡単だからやってみたら良い。」と言われ、ほぼノリと勢いでやってみた。
いやー、シールドベアリングだとほんと掃除とグリスアップしかできないんだねw
これならもっと早い段階から自分でやれば良かったな、とちょっと反省した。

「掃除は整備の基本」とは上手く言ったものだが、こうやって各部まで自分で掃除ができると、より自転車の愛着が湧くものだね。

ぶらりと三田へ

ぶらりと三田に行ってきました。